僕の「はじめてのランナーひざ体験」を赤裸々に告白します!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(ここで私が言う「ランナーズニー」についてですが、普通のランナーズニー(腸脛靭帯炎)とは様相が違いますが、ランナーが膝の辺りを痛がっている、ということでランナーズニーと呼ばせていただきます)

2週間ほど前から右脚、臀部~大腿~下腿が痛み始めました。

走っていて右脚を衝いた(着地)時にふくらはぎの上、膝の裏の下あたりに痛みが走ります。

上越国際トレイルフェス35の時はテーピングを施しダマしダマし走ることができました。

1日休んで、次の日走り始めると2kmくらい走ったところで痛みが強くなり歩いて帰りました。

その頃は臀部~大腿~下腿に鈍い痛みがあり、やはり着地時に鮮明です。

その他、日常で歩くときや階段などでも痛みが出始めました。

そして痛みが出始める前後に始めた、腹筋や背筋などの筋トレも中止しました。

疲れが溜まってるのかな…と、もう2日ほど休んでみましたがあんまりよくなりません。

特に膝裏ふくらはぎの突っ張るような痛みが気になります。

ふくらはぎや大腿をマッサージしたりしますが、効果なし。

さてどうしたものか…。

rp_e0151874_15325766.jpg

いてもたってもいられなくなり、自転車を漕ぐことにしました。

自転車を漕いでも痛みはでません。

それが先週の金曜日。

土曜日、月曜日も自転車。

やっぱりあんまりおもしろくない。

ということで今日は思い切って坂戸山に登ってきました。

上りは全く痛みがありません。

が、念のため、いつもよりゆっくりめに上ります。

さて問題の下りです…。

こういう時に限って7合目付近をカラスの大群が不気味に旋回しています。

熊でもいるんじゃないか!!??と不安を抱きつつ下り始めました。

やっぱり着地の時に右ふくらはぎの上…例の部分に痛みが走ります。

そしてカラスが頭上で鳴いています。

リアルに怖いです。

しばらく進みます。

ゆっくりしてみたり早くやってみたりを繰り返します。

スキャンです。

そうすると段々わかってきます。

どこが悪いのか…。

臀筋です。間違いない!

臀筋の野郎です。

こいつが悪さしているのがはっきりくっきりわかってきます。

そして、こんどはピッチを変えてみます。

大股にしたり小股に変えながら下ってみます。

おぉ、明らかに小股の方が楽です。

痛くないわけではありませんが楽です。

となると次は『脱力』です。

これが一番、てき面に違いがわかります。

下半身を完全なる(と、本人は思っている)脱力状態にするよう心がけます。

「脚はついてるだけ」感。

「脚は着地する時に体を支える棒だ」感。

とでも言いましょうか?

とにかく「脚を上げる」とか「脚を衝く」というイメージを消去。

思い切って「脚ってなに?」くらいの方がいいのかもしれません。

死語で表現すれば“アウトオヴ眼中”ってやつです。

と、同時に臀筋にも同じように念じます。

臀筋?でんきん?デンキン?

「そんなモン俺についてたっけ…?」てな具合にです。

そうすると脚がフッと軽くなります。

面白い感覚です。

rp_e0151874_16524896.png

改めて考えたのですが、身体を部位別に考えることは意味ないんじゃないか…と。

筋肉や骨はもちろんのこと内臓器や血管、脳や脊髄…。

これらはひとつとして切り離すことはできない。

私の今回の場合で言えば、先ほど「臀筋だ!」とは言いましたが、それも本当の下手人は違うところにいるわけです。

いや、そういう考えも違うわけです。

切り離すことはできないのですから。

ということふまえて今回の痛みをどう糧にするか?ということが一番大切なのです。

で、私が考えたこと。

①歩幅を狭くする(ピッチ走法)

②脱力

この2つを意識した練習を行うことです。

チャンスです。

楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク




Copyright© ランニングラヴ , 2018 All Rights Reserved.