2011【第二回南魚沼グルメマラソン】初ハーフマラソンの記録!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

さてさて走ってきましたよ。

昨日は5時過ぎに起きて6時にSML(サンデーモーニングランニング)に顔を出し、先輩方々からアドヴァイスをいただきました。

その強者先輩の中には初ハーフマラソンを1時間30分で走った、という方がいらっしゃいました。

鬼です。

ちなみに私の目標は2時間を切ることです。

それから諸々の準備をして8時20分の上越線に乗り込み一路浦佐まで…。

途中の車窓からは給水所の準備をして下さる光景が見え、「これからあそこを走るんだなぁ…」と物思いにふけました。

しかし田んぼの真ん中だなぁ…。

 

そして、ありがとうございます

8時30分には浦佐駅に到着。

ここには国際情報という大変頭のキレがいい青少年が通う高校があります。

そんな学生たちに交じって各国のランナー達が会場に向かっていきます。

 

なかなか興味深い風景でしたね。

会場までは徒歩15分。

老若男女とはいったもので本当に色んな年代の方々が会場目指して歩いたり走ったりしています。

逆に私なんか完全に若手という感じのジェネレーション層でした。

 

会場に着いたのが9時少し前

知ってる大会役員の方に挨拶してニヤリ。

 

結構、人がいます

思ったより。

失礼な話ですが、色んな意味で「おい、君は走っても大丈夫なんかい!?」という方も数名おられます。

逆に「この人、めっちゃ早いんだろうな」という立ち振る舞いの方。

トイレはどこも殺人的に混んでます。

私は自宅で出し切ってきたのでオールOK。

とかなんとか言いながら落ち着かない時間を過ごしました。

そしてスタート5分くらい前にみなぞろぞろとスタート位置につきました。

「バーン」 とスタートの合図とともに走り出した…。と思いきや最初はダラダラとゆっくり歩く程度のスピードです。

前が詰まっていますのでなかなか進めません。焦らずいきましょう。

スタートして1キロくらいは人が多すぎてジョギング程度のスピードで進みました。

2キロ、3キロと進むうちに集団がほぐれてきてやっとまともなスピードで走ることができました。

10キロくらいまですごい調子が良く、このまま行ったら楽勝、楽勝!と調子にのってグングン追い越してました。

しかし、そうは問屋が卸しま千昌夫。

12キロくらいで殿筋に鈍い感じが出現。

でも、まだ違和感という程度です。

15キロから途端に道が悪くなったり、坂があったりしてかなり堪えました。

でも、まだなんとか余力はあるのがわかります。

 

 

登り坂の洗礼を見事に受ける

しかしぃ~18キロ地点、今回の一番の山場が…。

すんげー足が重くなって前に進みません。

さっき追い越した人たちに追い越されます。

辛い、動かない。

「なんでだ~!?」

わけのわからないままギリギリ足を前に出しました。

それが急にスッと楽になった瞬間がありました。

また足が楽に出ます。

なんのことはない、わからないくらい緩やかな坂だったんですね。

こんな緩い坂でもレース後半にはギュンギュンと足にビシバシと堪えるんですね。

ビビった。

そこからは思ったよりペースを落とすことなく走れました。

ゴール地点に本当にたくさんの応援の方々がいらっしゃって何とか笑顔を作り無事ゴール。

 

 

記録は…

大会記録は1時間53分、私の時計では1時間52分でした。

順位は359位…。

成人男子のハーフの部で多分800人くらい走ったから真ん中よりはちょっといいくらい。

十分過ぎますね。初マラソンにすれば。納得。

 

ゴールのあとはグルメです

参加賞としてご飯茶碗をいただき、好きなだけご飯(おかずは購入)が食べられるシステムです。

ちなみに私は津南ポークのホルモン焼きで「いただきます!(トリコ風に)」

 

そして走った後のビア…

永ちゃんもビックリ。

まじでマイウーでした。

よしっ!またがんばる象!!!

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク




Copyright© ランニングラヴ , 2018 All Rights Reserved.