2011【上越国際トレイルフェス】はじめてのトレイルランニングレース!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

初のトレイルランレースでした。

ゴールドコース35km。

記録、4時間9分。

男子総合37/100。

年代別16位(30代が何人いるかわかりませんが…)。

前日に前夜祭(ププ)がありました。

今大会のプロデューサーである石川弘樹プロからコースガイドがありました。

 

走りはもちろんのことトークの方もグングンいきます。

上手です。

プロっちゅーもんは何でもできますね。

プロフェッショナルをみました。

 

一緒に撮っていただきました。

「石川選手、顔ちっちゃ!!」

生ビアを2杯ほどいただき8時半ごろ終了。

9時ころ帰宅し入浴して就寝。

朝4時起床。

右脚に痛みがあったので右脚全体にテーピングを施す。

臀筋~四頭筋・ハムスト~腸脛靭帯~下腿三頭筋。

自分で自分の脚に貼るのは結構テクがいります。

5時にトレラン仲間の先輩にお迎えにきていただき、いざ出発!

 

まだ真っ暗です。

ちょっと雨が降っています。

でも、それほど寒くはないです。

スタートが6時半なので、それまでにブリーフィングがあったりします。

準備運動してみますが、やはり右脚の感じが気になり膝蓋骨のまわりにテーピングを足しました。

明るくなってきたので周辺を軽くラン、先日駅伝でご一緒したスポーツウーマンママさんに会い互いの健闘を約束したりしました。

こういうのって嬉しいですね。

さて、いよいよスタートです。

石川選手の号令で選手がいっせいに走り出します。

スタート直後、トレイルランナーズSNSの方々から応援をいただきました。

うっす!

そして、いきなり前方を走る30人くらいの選手がミスコース!

「左!ひだりっ!」と石川選手がマイクで叫ぶ!

スタート15秒後にミスコースって…。

珍しいですな!

前の日からの雨で足元はユルユルです。

もうグッチャングッチャンです。

泥です。

なので滑ります。

グッと体重を足にかけるとニュルっと力が入りづらいです。

最悪です。

今レースは泥との戦いでしたね。

泥遊び。

泥走り。

 

走り終わった後のシューズ。

これでもキレイになったほう。

レース中は泥を履いているかのようでした。

でも、やっぱり山の上を走るのは最高に気持ちいいです。

途中、尾根を走るところがちょこっとあったのですが、紅葉見物と相まって最高のヴューでしたね。

後半もなんとかスピード落とすこともなく走り続けることができたと思います。

記録は最初に書いた通りです。

うむ、なかなかいいんじゃないでしょうか。

悪くない。

走り始めて半年以上が経ちました。

今まで走ってきたことの全てを昨日、出し切れたような気がします。

坂戸山のきつい登り、火打妙高の悪天候の中でのトレイル、平標での険しいトレイル、魚沼スカイラインの舗装路での走り…。

それらで学んだこと全てががっちりと噛みあい、上手く歯車が動いて前に進めていたような気がします。

 

さきほど紹介したスポーツウーマンママさん、見事入賞!

あやさんおめでとうございました!

応援ありがとうございました!

 

来月4日には今年を締めくくるレースを予定しています。

ハーフマラソンに始まりハーフマラソンで終わる…。

記録をどれだけ伸ばせるか…。

また練習あるのみです。

はい。

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク




Copyright© ランニングラヴ , 2018 All Rights Reserved.