【テーピング動画】ランナーの抱えるひざの痛みに効く貼り方

スポンサーリンク

私はランニングをはじめて6年目になります。

一応サブフォーランナーですし、100km以上のトレイルランレースを2回、ロードの100kmウルトラも完走しています。

おかげさまでその間にたくさんのランナーの方々と知り合うことができました。

仕事柄『ランニングにまつわる痛み』について相談を受けることが多く、その中でも相談件数がぶっちぎりで多いのはやはり…

AdobeStock_73674722

ひざの痛みです

「10km過ぎると痛くなるんですが…」

「ペースを上げるとひざに痛みがでるんですけど…」

「どういうストレッチが効果的ですか?」

この世にそんなにたくさんひざがあるのか!?というくらい聞かれています(笑)

しかもひざって2ヶもあるんですよね~人体に(爆)

そんな不平不満を言ってもなにも、はじまりませんよね。

じゃあ、どうしたらいいのでしょうか?

「具体的に教えて欲しい!!」

そんな声に応えて、ある動画を作成してみました。

たくさん対処法はあるのですが、その中のひとつが…

c49da50b890fec5de768da416ce3a5d6_s

ひざに対するテーピング

高機能タイツで足のブレを少なくしてひざへの負担を減らしサポートする…というのも一つの手ですが、タイツって意外と高いんですよね。

それに足を滑らせて転んだときに穴が空いてしまいオシャカになってしまった…なんて話もよく聞かれます。

その点、テーピングであれば自分の気になるところだけサポートすることができますし、タイツに比べてリーズナブルです。

 ファッション的にも夏場はタイツだと重いイメージになりがちですが、テーピングはカラフルなものも増えてきておりコーディネートとしても楽しむことができますよね。

2e99efbdc4fbee1f1c1ca3d4c2e72cc0_s

ひとつ難点があるとしたら…

なんでしょうか??

自分でテーピングを貼ったことのある方ならわかりますよね。

タイツだったら前か後を間違えないように履けばOKですが、テーピングは『貼り方を覚える』必要があります。

それとテーピングを切ったり貼ったりする手間がかかります。

ズボラな人なら「めんどくせー」で終ってしまいそうですが、基本ランナーは真面目な人が多いですから、ちょっとコツを覚えてしまえば誰にでもすぐに貼ることができちゃいます。

 ランナーは本当に真面目な人…いやクソ真面目な人が多くて「特別な知識がないと貼っちゃいけない」と思い込んでる方もいらっしゃるようですが、そんなこともまったくありません。

 たとえば“サングラス”ってありますよね??

あれって特別な知識や技術がなければ購入したり使用してはいけない…なんてことはありませんよね??

サングラスもテーピングも感覚としては同じと考えてください。

スポーツショップに普通に売ってて、誰でもお金を出せば手に入れることができます。

ほら…グッとハードルが下がったでしょ!?

fe0e5a73781befe815f04a69c8c6f05b_s

心構えができたら、あとは貼るだけ

細かいことはとりあえず置いておいて動画を見ながらひざにテーピングを貼ってみましょう。

3回くらい練習すれば、きれいに貼れるようになります。

5回ほど貼ればもう動画を見なくても貼れるようになります。

10回、自分に貼ったらともだちのランナーにも貼ってあげてください。

10回、貼っても効果がわからなかったら違う対処法を考えましょう。

それでは動画を参考にトライしてみてください。

わからないところなどありましたら、お気軽に問合せください。

ランナーお役立ち動画

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク